香典返しをカタログギフトで贈る時の注文方法や香典返しでNGな品【Good Gifts】

失礼になる香典返しの品

香典返しとして贈ると失礼に当たる品もあり、知らずに贈りがちな品をランキング形式でまとめています。香典返しを贈って、失敗しない為に、必要な知識になりますよ。

失敗しがちな香典返しの贈り物ランキング

no.1

お酒などのお祝いで贈られるモノ

香典返しは、葬儀の香典のお返しとして贈るモノです。なので、結婚などのお祝い事で贈られるお酒は、香典返しとして相応しくないモノと言えます。贈る相手がお酒好きだからと相手の好みに合わせて贈ってしまいがちなため上位にあたると言えるでしょう。

no.2

宗教によって贈らない方が良いモノ

宗教の種類によって、肉や魚を食べない方もいるでしょう。そのため、肉・魚を贈るのは止めてください。それに、これらの食べ物は傷みやすいので、基本的に贈り物としてはそぐわないでしょう。

no.3

値段が分かりやすいモノ

値段が一律で決まっている商品券や金券などを香典返しとして贈る方もいるでしょう。しかし、これは香典返しとして、あまり良いモノでは無いので、ランキング3位になっています。香典返しの値段が分かることで、贈る相手に失礼になることもあるので気を付けてください。

選ぶ際のこと

香典返し

最近では香典返しもカタログギフトにするところが増えてきています。香典の金額に応じてカタログも変えなければいけないということがあります。故人との関係性によって香典の金額も変わってくるということがあります。それなのにカタログギフトはすべて同一金額ということになってしまうと失礼です。香典袋のチェックをその場で行うというのは失礼なことになるので、必ず了承を得るということをしなければいけません。無言で開けるというのは避けなければいけません。また不幸のために用意されたカタログでなければ、中身が伴わないということもあります。お祝いの時とは違うので、選ぶことができる品物にも華美さがあってはいけないとされています。葬儀会社でも取り扱いがあるので、どういうものがいいのか、相談をしておくとよいでしょう。そうすることで失礼にならずに済むでしょう。

注文をする場合

香典返し

葬儀会社で香典返しのカタログギフトを用意してくれることもありますが、費用を少しでも抑えたいと考えている場合には、通販サイトで発注をしてみるのもよいでしょう。その際には数量の確認は欠かすことができません。予想よりも参列者が多かった場合には追加で注文をしなければいけない、ということになりますが、追加注文でも通販サイトであれば時差が生じてしまいます。すぐに対応をすることができないということになってしまうので、足りないということがないように注意をしなければいけません。多かった場合には返品をすることが出来る通販サイトもあるので、ある程度余裕を持って発注を行っておく、ということも大切です。また、価格の設定も良く考えるべきでしょう。事前に価格設定をしておくことにより、スムーズにカタログギフトを選択することができると言えます。

広告募集中