内祝いを選ぶのに役立つ情報を紹介!出産内祝いの昔と今について【Good Gifts】
HOME>人気記事>内祝いを選ぶのに役立つ情報を紹介!出産内祝いの昔と今について

慣習が変わった出産内祝い

昔ながらの慣習が、少しずつ形を変えてきています。例えば、出産内祝いのお祝いの品物は、昔と今で結構変わっているようです。どの様に変わったのか、下記の文を読んで確認しましょう。

昔と今の出産内祝いの違い

昔の出産内祝い

昔ながらの出産内祝いは、赤飯や紅白まんじゅう等を贈っていました。それに、砂糖を贈る地方もあり、縁起の良い紅白の砂糖を贈っていました。このことから、昔は縁起の良いモノを出産内祝いで贈っていたのでしょう。

現在の出産内祝い

今の出産内祝いでは、縁起物というより、使い勝手が良いモノを贈る傾向にあります。なので、日用品などを選んで贈っているようです。ただし、年配の方に出産内祝いを贈る場合、昔と同じ様な縁起の良いモノを贈る必要があります。

男女

出産時のお返し

内祝いとは、結婚や出産などで親族や友人らからいただいたお祝いのお返しのことです。特に出産時の内祝いは、慣れない育児と家事に追われてバタバタと忙しい時期に用意しなくてはならず大変でしょう。しかし最近では直接店舗にいかずともネットで商品を豊富に選ぶことができるので、赤ちゃんが寝た時やご主人様に見てもらっている時にさくっと調べることが可能です。定番のタオルやカタログギフトも人気ですが、赤ちゃんの名前を入れたお菓子や出生時の体重と同じ重さのお米を送れたり、赤ちゃんの写真入りのメッセージカードを添えたりすることも出来ます。

カタログギフトがおすすめ

結婚や出産をした時にいただいたお礼にお返しするのが内祝いです。お相手が親族や親しい友人ならともかく、仕事関係だったりあまり交友関係がない方だったりの贈り物には気を使ってしまいます。何が好みなのか、反対に何か苦手なのかわからない場合にはカタログギフトを選ぶと良いでしょう。カタログギフトは日用品から食品まで幅広いジャンルを掲載しているタイプから、ブランドやお花などジャンルに特化したタイプまで幅広いラインナップがあります。掲載されている数多くの商品から、お相手が好きな物を選択できるので失敗の少ない贈物になります。

広告募集中